新しい埋葬方法の樹木葬

###Site Name###

従来の宗教観、死生観にとらわれない新しい埋葬のスタイルとして、樹木葬というものがあります。

墓石の代わりに美しい花を咲かせるく木々が墓標として用いられ、特にツツジやサクラに人気があります。

代々継承する墓石と違い、亡くなった方本人を弔う側面が強いのが特徴で、少子化や核家族化といった社会構造の変化にも対応したものとして近年注目され始めています。

樹木葬には大きく分けて二種類があり、その一つが里山型です。



寺や霊園が管理する山で埋葬を行い、強く根を張る木を植えることで里山の保全にもつながるので、環境にも配慮した方法です。


土地の余った地方でとられることが多いです。
もう一つは公園型で、これは土地の限られた都会の方で多く、霊園などの区画でシンボルとなる木の周辺に埋葬されることが多いです。

夫婦で一緒に入ったり、血縁、婚姻の関係なく親しい者同士が入ったりする例があったりと、多様性があります。


樹木葬にかかる費用の相場としては、一人あたりの埋葬で30~50万円くらいです。それ以外に年間管理費が数万円ほど必要となります。墓石を購入し、その後の供養代を支払うのと比べると安いとはいえ、それなりの費用はかかります。

よく利用されている47NEWSの情報を簡単に探すことができます。

しかし、その出費を払うのがいやで適当な木々の生い茂る場所や自分の好きな場所に遺骨を埋めてしまうと、墓地埋葬法という法律に抵触してしまいます。

無用のトラブルを避けるためにも、きちんと樹木葬をしている業者に依頼するようにしましょう。