海洋葬を行う場合のマナーについて

###Site Name###

海洋葬は海上にて遺骨を散骨し故人を弔う自然葬となりますが、行う場合にはここでのマナーやルールに関して理解をしておく必要があります。

まず、海洋葬では人がいる場所やレジャーエリアでは散骨をしないことが重要です。


海洋葬では、代行業者や葬儀社に依頼をする場合には船のチャーターによって行われるために問題はありませが、自分達遺族で行う場合などでは散骨場所に関しても分からない場合もあり、岸から近い場所や海岸、また、桟橋などで多くの人がいるような場所では行わないことが大切なことになります。



次に、遺骨は必ず粉骨をした上で行う必要があります。

livedoorニュースの情報なら当サイトにお任せ下さい。

海洋葬では自然に海に還ることがルールとなるために、必ず遺骨は粉骨をした上で海にまく必要があります。

専門業者に依頼をした場合には、通常は、水用紙袋に粉骨された遺骨が入れられ、そのままの状態で海に散骨が行われます。そして、水用紙袋は海水に触れると同時に溶け、粉骨した遺骨は海にパウダー状になって還って行くようになっています。

服装に関しても注意をする必要があります。

まず、海洋葬では喪服は厳禁になります。
海上クルーズで行う場合には事前に注意点や留意点に関しての話がありますが、特に、年配の人などは喪服を着て参加をする可能性があり、十分に周知徹底を行う必要があります。
海はレジャーや漁で訪れている人も多く、黒い色は非常に忌み嫌われるカラーとなることを認識しておく必要があります。

他にも海を汚さない配慮も必要になります。献花をする場合でもコンパクトな花束を用意する必要があり、奉げる場合には梱包材を取ってから行うようにします。


また、位牌や写真などを一緒にまくのも避ける必要があり、手紙などを奉げる場合には水溶液に書いて、遺骨と一緒に海に還るようにすることが大切なことになります。