樹木葬が注目されています

###Site Name###

亡くなったら自然に還りたいと願う人が多く、近年では海などに散骨する方法も増えています。

しかし、この海上散骨の様な葬送方法は、墓地埋葬法がつくられた当時では想定されていませんでした。

法律の対象外として、葬送の祭祀として節度をもって行われる限り遺骨遺棄罪に該当しないとの見解で現在は黙認されていますが、他人の土地に勝手に散骨したり、地域の環境に配慮しない散骨をした場合には、民事訴訟の対象となる場合がありますので充分な注意が必要です。

一方、樹木葬は墓地埋葬法の法律に従って、埋葬の許可を得た区画に、樹木を墓標にして埋葬する方法です。

評判が高いlivedoorニュースってとにかくお勧めなんです。

今までの墓石が樹木になったイメージですので、従来のお墓参と同じ様に、特定の場所にお参りが出来ます。



海上散骨の場合ですと遺骨も残らない、気軽にお墓参も難しくなるので、同じ自然に還る方法として、樹木葬を選択される方もいるようです。また、一般的な墓石は100万以上する高額な買い物となりますが、樹木の場合は費用が格段に下がります。

墓石に必要以上にお金をかける必要はないのではと考える人が、樹木葬を選ばれる場合もあります。
核家族化が進んだ現在は、従来の様に、墓を子孫に代々守り伝え、お寺と檀家の関係を維持していけるご家庭は年々減っていくはずです。日本のお墓の制度は継承者がいる事が前提となっているので、継承者なしでも永代供養してくれて、宗教や宗派に縛られない樹木葬は現代にあった埋葬の方法です。