故人が海洋葬を希望していた場合は

###Site Name###

樹木葬や合同葬など、現代は人が亡くなった後の埋葬方法も多様化の兆しを見せています。

従来のようなお墓は少子化の影響もあって維持管理が困難になったことや、宗教観の変化が背景にあると言われていますが、今後もこの流れが続くのは間違いないでしょう。

新しい埋葬方法のひとつに海洋葬があります。これは海に遺骨を散骨するもので、野山など陸地に散骨するよりも比較的簡単にできるため、近年はこの海洋葬を利用する人も数多くいます。

この海洋葬はいくつかの条件を満たすことができれば個人的にも行うこともできますが、船をチャーターしたり、遺骨をパウダー状に粉砕する必要があるため、専門の業者に依頼するのが一般的です。



故人が海洋葬を希望していた場合は、まず遺族間でしっかりと話し合って散骨するかどうかを決めます。

故人の遺志とはいえ、葬儀や埋葬は親族も深くかかわることですので、全員が納得する形で決定するのが原則です。

散骨に反対する人がいる時は、一部の遺骨だけを散骨するようにしてもいいでしょう。



次に業者に連絡し、話し合いを重ねて散骨日時を決定します。

ただし海での散骨は天候次第のところもありますので、そのあたりは日程を組む際に配慮しておくことが必要です。

また散骨当日は船酔い防止のために酔い止めを服用しておくと安心です。

なお散骨前に遺骨をパウダー状に粉砕しておくことが必要ですが、この作業も業者に依頼することができます。

遺骨は郵送で送ることが可能ですので、遠隔地の業者に依頼する際は郵便小包を利用するといいでしょう。

珍しい47NEWSのことならこちらのサイトをご覧ください。