樹木葬と一般葬、どちらが費用をおさえられるか

###Site Name###

樹木葬も一般的なものも故人のお骨を埋葬するということでは共通していますが、樹木葬はお墓というものはたてず、お墓の代わりの墓標となるものが樹となります。
公園のような敷地に他の方と共に埋葬され、根元には名前の書かれた小さいプレートが置かれることが多いです。



樹木葬は宗教宗派は関係がなく、どなたでも行うことができます。
そのため、公園やメモリアルパークのようになっており、いつでもお参りにくることができます。

一般葬と樹木葬の費用は、一般葬の方がかかることがあります。

これは一般葬の場合はお墓を建てていない場合はお墓の建立と墓地の取得に費用がかかります。

また、お寺へのお礼などもしなくてはなりませんし、檀家になると費用もかかります。

仮に先祖代々のお墓があった場合でも、お寺へのお礼をしなくてはならず、定期的にお墓の管理もしなくてはなりません。


木の根元に埋葬する場合はお寺とは関係がないことがあるので、管理費などがかかるのみです。

日本経済新聞の情報サイトを利用して良かった。

生前に予約をすることができるので、生前に費用を払うこともできます。



お墓の手入れも管理費に含まれているので、手間がかからないことが多いです。
樹木葬は自然にかえりたい、という思いから注目されています。


自分で木を選ぶこともできますが気を付ける点は一回埋葬してしまうと取り出すことができないということです。骨壺は将来的に土に戻る素材でできていることが多いからです。

注目し始めたばかりですのでトラブルにならないためにも事前に様々なことを話し合っておきます。